この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

未就学児の習い事の種類

この時期に習い事をさせる大きなメリット

未就学の時期に習い事をさせるということにいったいどういったメリットがあるのでしょうか。
その答えはズバリ有るです。
まず第一に興味や好奇心が育ち、視野の幅を広げられることが大きいです、当然子供は幼いですから意識してそれを身に着けているわけではありません。
しかし、無意識に興味の幅や好奇心というものはこの無意識の時期だからこそ大事なことになってくるのです。
次に一生を形づくる能力を育てられるというのが大きなメリットとしてあります。
アメリカの研究などでは未就学の時期に習い事をしていた子供のほうが学力の成績、学歴、収入において高いという結果も出ています。
そして集中力や精神力を養うことができるのも大きなメリットです。
一つのことに取り組むことで集中力が身につきます。

未就学児の習い事の種類はどういったものが

では未就学の時期にいったいどのような習い事をさせると効果が高いのでしょうか、そして人気の習い事とはどういうものなのでしょうか。
人気のランキングを調べてみると体を動かすことと教養を身につけることの二極に分かれるようですね、まず古典的ですが人気なのはそろばんです。
計算を単に覚えるだけではなく、集中力なども身につくことから人気なようです。
次に音楽教室なども人気のようです、感性を豊かにしてくれるところが人気として高い理由かもしれませんね。
そして男の子にはサッカーが人気です、これは最近の傾向ですね、スポーツはやはり体を動かし同時に考える力も習得できます。
女の子には体操が人気のようですね、総合的な身体能力を身に付けることができる体操は非常に効果的だと思います。
そして一番人気は水泳です、これは男女問わずに人気が高いです、幼児期に始める運動としては一番始め易いのが人気の理由ですね。