この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

未就学児の習い事に掛かる費用の大まかな相場

未就学の時期から習い事へ通う

一昔前はほとんどなかったことなのに現在では当たり前になってしまったことのひとつに子供の習い事があります。
昔は習い事という意識は親にはなく、家の手伝いをするほうが優先事項だったような気がします。
しかし現代は子供に何らかの教養や特技を持たせようという考え方が多くなり、家事を手伝わせるより習い事に集中してもらったほうが良いという風に親の考え方が変わってきました。
また学歴社会といった昔からの構図もいまや崩れてきている昨今、人とは違う才能や教養、技術を持ち合わせているほうが生きていくうえでも有利ではないかといった風潮が最近は多く、それが子供に習い事をさせるという行為に繋がっているかと思います。
しかも最近は未就学児の時期から習い事に通わせるようで、意識の変化を感じます。

未就学の時期に習い事をする意味

以前は子供が就学してから習い事へ通わせるというのが一般的だったのですが、だんだん親の思考もエスカレートしてきて最近は未就学の時期に習い事へ通わせる親が激増しているようです。
未就学の時期ということは当然年齢は幼いです、しかも自我の形成はこれから始まっていく状態にあります。
この時期に習い事をさせる意味はあるのでしょうか、本人も理解して習ったことを記憶しているのかも定かではありません。
もう少し自我の発育を待ってから習い事を子供に選ばせた方が良いのではないでしょうか。
しかし最近の傾向では未就学の時期だからこそ習い事を始めるべきだという考え方が多くなっているようです。
いったいどういった理由から未就学児に習い事をさせる良さがあるのでしょうか。